父に殴られ息子110番 伊勢署、傷害容疑で医師逮捕

【伊勢】中学2年生の息子の顔面を拳で複数回殴ったとして、伊勢署は9日、傷害の疑いで、伊勢市一之木一丁目、医師篠原浩二容疑者(48)を現行犯逮捕した。「言うことを聞かなかったため、しつけとして暴力を振るった」と容疑を認めている。

逮捕容疑は同日午後零時40分ごろ、自宅で、同居する息子(13)の顔面を拳で複数回殴り、唇を切るなどの軽傷を負わせた疑い。

同署によると、息子が「親に殴られた」と110番した。息子や妻は、容疑者が「日常的に暴力を振るうことは無かった」と話しているといい、同署は詳しい経緯を調べている。