志摩 祝祭感あふれる情熱フラメンコ スペイン村25周年で新ショー登場 三重

【9日から始まる志摩スペインの新フラメンコショー=志摩市磯部町坂崎で】

【志摩】三重県志摩市磯部町坂崎の複合リゾート施設「志摩スペイン村」に9日、新フラメンコショー「エントレ・ドス・アグネス」が登場する。8日、報道陣向けに内覧会があった。スペイン人ダンサーがテンポの速い曲に合わせ、情熱的なフラメンコを披露する。

内覧会には報道陣のほか、旅行業関係者など約150人が参加。中根博文社長はあいさつで、4月に開業25周年を迎えることに触れ「これまで訪れた4600万人の人たちに感謝すると共に、これからも心ときめくスペイン村であり続けたい」と話した。

25周年に合わせ、フラメンコショーは例年以上に明るくにぎやかで祝祭感あふれる演出を意識した。上演時間は約25分。カルメンホールで1日に2、3回上演する。入園料とは別に観覧料として500円が必要。観覧席はホームページで予約できる。

また、25周年アニバーサリー企画として、3月23日には「メイズ25~黄金王からの挑戦状~」と題した巨大迷路が登場する。9月1日までの期間限定アトラクション。25の暗号を解き、正しいメッセージを見付けないとゴールにたどり着けないという。

さらに、25周年にちなんで入園料を25%割引する。9日―4月26日までは、県民に限って一日パスポートを、9日―4月22日までは誰でも年間パスポートの購入代金を割り引く。9日―3月31日までは学生限定で一日パスポートを2500円で販売する。