伊賀 ダンプと衝突、バイク男性死亡 過失運転致傷容疑で男逮捕 三重

【伊賀】8日午前11時10分ごろ、三重県伊賀市高畑の市道で、南進中の大型ダンプ(9トン)と対向するミニバイクが衝突。ミニバイクを運転していた50―60代とみられる男性が全身を強く打ち、約4時間半後に死亡した。伊賀署はダンプを運転していた伊賀市阿保、アルバイト吉田満容疑者(72)を自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで現行犯逮捕した。

同署によると、死亡した男性の身元は捜査中。現場は片側1車線の直線道路で、ダンプ側から見て下り坂。ダンプはミニバイクと衝突後、対向車線沿いのガードパイプを突き破り、駐車車両と接触しながら付近の施設の壁にぶつかって停車したという。

吉田容疑者は勤務先から伊賀市内の取引先に荷物を受け取りに向かう途中だったという。同署は今後、容疑を過失運転致死に切り替えて詳しく調べる。

※吉は「吉」の上が「土」