豚コレラで防疫支援 陸自久居、岐阜・恵那に派遣 三重

【津】陸上自衛隊久居駐屯地(三重県津市)は7日、岐阜県で発生した豚コレラに対応するため、第33普通科連隊を岐阜県恵那市に派遣する。同隊が防疫作業で派遣されるのは、南伊勢町での鳥インフルエンザの発生に対応した平成23年以来、8年ぶり。

駐屯地によると、6日に岐阜県から同隊が所属する陸自第10師団(名古屋市)に災害派遣要請があった。同県内では第10師団に所属する他県の部隊が活動し、第33普通科連隊は増援として派遣される。殺処分された豚の運び出しや豚舎の消毒作業に加わる。