柔道三重県選手県 男子・土井が無差別初V 女子・上林山が優勝

【柔道県選手権男子無差別級を制した土井健史(左)=津市北河路町の三重武道館で】

柔道の三重県選手権大会は27日、津市北河路町の三重武道館で男女個人戦(無差別)を行い、男子は2015年全日本選抜体重別選手権73キロ級2位で、現在は県体育協会所属の土井健史が初めて制した。

女子は皇學館大1年の上林山未来が初優勝した。

全日本選手権の県予選会を兼ねて行った。男女とも上位2人が東海地区予選会(3月・愛知県)に進出する。