自宅に火、夫殺人未遂容疑 四日市南署 女逮捕「死にたかった」 三重

【四日市】三重県の四日市南署は10日、現住建造物等放火と殺人未遂の疑いで、四日市市楠町本郷、山本咲子容疑者(77)を逮捕した。

逮捕容疑は先月26日午前0時20分ごろ、同所の自宅で同居する無職夫(84)を焼死させ、自分も自殺しようと2階自室の衣服にライターで火をつけ、木造2階建て住宅1棟を全焼させた疑い。

同署によると、夫は1階で寝たきりだったが消防隊員に救助され無事で、咲子容疑者は煙などを吸う軽いやけどで病院に搬送された。「火はつけたが殺すつもりはなかった。自分が死にたかった」と一部否認している。