春高バレー 松阪工、2年連続16強 三重

第71回全日本バレーボール高校選手権(春高バレー)は第2日の6日、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで男女2回戦を行い、昨年ベスト16の男子・松阪工(三重県)は鹿児島商を下して2年連続の16強進出を決めた。松阪工は第1セットを24―26で落としたが、第2セットを26―24で奪ってフルセットに持ち込むと、最終セットを25―16で取り、逆転勝ちした。

ベスト8入りを目指して7日の3回戦で、夏の全国高校総体優勝校の市立尼崎(兵庫)に挑む。3回戦での対戦は2年連続。