伊勢 横丁にちょうちん参道 夫婦岩口まで幻想的400個 三重

【夫婦岩をイメージしたちょうちん400個を飾り、幻想的な雰囲気を演出した「めおとちょうちん参道」=伊勢市二見町江の伊勢夫婦岩めおと横丁で】

【伊勢】三重県伊勢市二見町江のショッピングプラザ「伊勢夫婦岩めおと横丁」に、夫婦岩をイメージした大小ペアのちょうちん200組、計400個を飾り付けた「めおとちょうちん参道」が誕生した。夫婦岩口から約40メートルにわたり、温かなオレンジ色の光が優しく横丁内を照らしている。

大きいちょうちんは直径35センチ、高さ38センチ、小さいちょうちんが直径24センチ、高さ28センチ。さまざまな夫婦の在り方を表現するため、あえて不揃いに配置し、幻想的な雰囲気を演出した。

同横丁は、夫婦円満のシンボルとして知られる夫婦岩がある二見興玉神社に隣接。多くの観光客が訪れることから、買い物や食べ歩きをしながら同参道を通り、夫婦岩への道中を楽しんでもらおうと実施した。今後もちょうちんの数を増やしていく予定。

広報担当の岩山慎さん(35)は「夫婦やカップルでちょうちんを見たり、写真を撮ったりして楽しんでほしい。伊勢の新名所として多くの人に親しんでもらえれば」と話していた。