全国高校ラグビー 朝明、初戦突破ならず 八幡工に逆転許し惜敗

【八幡工―朝明 前半21分、モールで先制トライを決めて喜び合う朝明の選手ら=大阪府東花園市で】

全国高校ラグビー大会第2日は28日、大阪府東大阪市の花園ラグビー場で1回戦の残り11試合が行われ、三重県代表の朝明は12―14で八幡工(滋賀)に敗れた。

朝明は前半21分、10メートル右ラインアウトからモールで押し込み、PR中谷澪人が右中間にトライを決めて先制したが、その後に逆転された。

7点ビハインドの後半27分、ハーフライン付近からSH石塚竜樹、SO北村一真、WTB嘉田光瑠とつなぎ、FBトゥーリング・マークの左隅へのトライで5点返したがコンバージョンキックが決まらず2点差で惜敗した。

保地直人監督は「アタックもDFも悪くなかった。(2点差は)努力の差かな」と言葉を絞り出した。

79大会ぶりに出場した早実(東京第1)は名護(沖縄)に55―3で快勝し、2回戦に進んだ。国学院栃木、関商工(岐阜)、静岡聖光学院、八幡工(滋賀)、大阪朝鮮高(大阪第2)、尾道(広島)、石見智翠館(島根)、大分舞鶴も2回戦に進出した。

30日の2回戦から前回大会準優勝でAシードの大阪桐蔭(大阪第1)などシード校が登場する。