横浜2位指名の伊藤内野手が帰郷 四日市で少年らと交流

【サイン会で野球少年と交流したDeNA入りの伊藤裕季也選手(左)=四日市市内で】

今年のプロ野球ドラフト会議で、横浜DeNAベイスターズから2位指名された立正大4年の伊藤裕季也内野手(22)が23日、出身地の四日市市で、野球に親しむ小中学生らと交流した。

今年夏の大学日本代表でも活躍した右打ちの強打者。立正大では3年から四番を任され、4年秋の明治神宮大会決勝では逆転2ランを放って同大を9年ぶりの優勝に導いた。

四日市立浜田小、港中、日大三高(東京)を経て立正大入り。この日は中学時代所属した四日市トップエースボーイズ(現四日市ボーイズ)中学部の入部体験会にゲスト参加した。

練習を見学したり、即席のサイン会で子どもらと交流。最上級生になるまでなかなか出場機会に恵まれなかった高校時代の経験などから「結果が出ない時があってもあきらめず練習を続けて」と励ました。

いなべ市立山郷小6年の川瀬昂汰君(12)は「(伊藤選手は)身体が大きくて雰囲気も違った。あきらめず野球を続けてという言葉が心に残った」と話した。

自らの来年の目標は「開幕スタメン。2ケタ本塁打」。ボーイズの1年先輩で、DeNAでも先輩となる東克樹投手が今年11勝をマークし新人王を獲得したことに触れて「とても刺激を受けた。自分も新人王を目指したい」と夢を語った。