大台町 有毒魚か、誤って販売 ソウシハギの疑い、死亡例も 三重

【ソウシハギの疑いのある商品(三重県提供)】

三重県は11日、大台町栃原の魚屋「味彩館キッチン海ものがたり」が誤って有毒魚のソウシハギの疑いのある魚を「カワハギ」として販売したと発表した。食中毒を引き起こす恐れがあるため購入者に食べないように呼び掛けている。

県によると、店は松阪市の市場からカワハギとして魚3匹を入荷。同日午前10時―午後2時まで、客2人に毒が蓄積される肝と一緒に1匹ずつ販売した。ソウシハギの疑いがあると不安になり、午後4時ごろに松阪保健所に連絡した。購入者2人のうち1人には連絡が付いたという。

ソウシハギはカワハギ科の魚で、体に黒色斑と淡青色の波状紋がある。内臓に「パリトキシン様毒」を持つ。パリトキシン様毒は食後半日―1日で激しい筋肉痛や呼吸困難を引き起こす。パリトキシン様毒を持つ他の魚では他県で死亡事例もある。