鳥羽市選管 投票区統合、27区に 昨年の台風受け 三重

【鳥羽】三重県の鳥羽市選挙管理委員会は4日、選挙の投票区を一部統合し、28投票区から27投票区に変更すると発表した。昨年10月の台風21号で同市鳥羽五丁目の投票所が床上浸水したのを受け、近くの投票所と統合する。来春の知事選、県議選から適用される。

同市選管によると、台風で投票所の五丁目公民館が床上浸水。投票は終了していたため問題はなかった。市は、かもめ幼稚園(同市大明西町)に設置する投票所と統合する。担当者は「近くなので不都合はない」と話した。投票区の変更は平成27年1月以来。