来年の菰野町長選 柴田町議が出馬表明 三重

【菰野町長選への出馬を表明する柴田氏=三重郡菰野町菰野で】

【三重郡】三重県の菰野町議会議員の柴田孝之氏(46)=1期=は14日、来年3月2日の任期満了に伴う同町長選への出馬を表明した。約70人の支援者らを前に「今の町政は町民の意思に沿っていない。誰もが楽しく、住みやすく、暮らしやすくを実現する」などと述べた。

出馬理由は、議員の立場で施策を見てきたが、7年前に議決された中学校給食が未実現の一方、グラウンドや駐車場整備に数億円を投じるなど、住民が望んでいること、先にすべきことをしているのか疑問に感じるためという。9月の水道料金改定も使用量が少ないほど値上げとなるなど「町民の考えに基づいていると思えない」「丁寧な説明もなかった」とし、「自分が町長として舵取りするしかない」と出馬を決意したという。

政策として、公共料金値上げ抑制▽中学校給食▽遊び場と防災の避難所確保▽地産地消徹底と農業担い手育成▽観光拠点整備▽規制緩和と企業誘致―を挙げ、「水道料金は町債を活用して下げ戻したい。行政の仕事は助け合いで、行政しかできないことに注力する」などと述べた。

政党推薦は「今のところはない」とし、議員職については「当選から2年の10月30日までは務める。11月1日、遅くとも18日までには辞職する」と語った。

柴田町議は平成28年10月に初当選。東大卒の弁護士で、祖父も同町議を務めた。三重郡菰野町菰野。町長選に出馬表明しているのは今のところ同議員のみで、現職の石原正敬町長(46)=3期=は、再選出馬への態度を明らかにしていない。