三重学生リーグ 四日市、V王手から2連敗

【四日市大―三重大3回戦 九回表2死二、三塁、三重大6番加藤が勝ち越しの左前適時打を放つ=北勢球場で】

(第5週・北勢球場)
三重学生野球リーグの秋季リーグ戦(伊勢新聞社後援)は14日、近大高専―皇學館大、三重大―四日市大の各2回戦があった。リーグ優勝に王手を掛けていた四日市大は勝ち点を伸ばせず、前日まで2位の皇學館大と勝ち点、勝率で並んだ。このため15日午後4時からダイムスタジアム伊勢で両校による優勝決定戦が行われることになった。試合後、閉会式がある。

四日市大は三重大との2回戦で4―0で敗れ、その直後の3回戦も7―6で落とした。勝ち点を上積み出来ず、勝ち点3で通算成績は7勝3敗。一方皇學館大は近大高専との2回戦を15―0で五回コールド勝ちし、勝ち点を3に伸ばし、通算成績を7勝3敗とした。