鳥羽水、ハロウィン一色に 限定イベント、フォトコンも 三重

【仮装した動物の垂れ幕を掲げる「ファンタジックハロウィン2018」=鳥羽市の鳥羽水族館で】

【鳥羽】三重県鳥羽市の鳥羽水族館で「ファンタジックハロウィン2018」が開かれている。入り口付近の大水槽に仮装したアザラシやラッコの垂れ幕を掲げたほか、カボチャのお化け「ジャック・オー・ランタン」など、ハロウィンを連想させる約20枚のパネルを展示している。今月末まで。

期間限定のイベントを開催。ジュゴンやラッコ、アザラシの顔のパーツで顔を仮装し撮影する「フォトプロップス」ができ、親子連れに人気という。

フォトコンテストを実施しており、入賞者には伊勢志摩の特産品の詰め合わせなどを贈る。フォトプロップスや館内で撮影した仮装写真などを、「#トバスイハロウィン2018」のハッシュタグを付けて写真共有アプリ「インスタグラム」に投稿すると審査対象になる。

27日には割安で入館できる「ハロウィンナイト」を午後6時半―9時まで開催。仮装して入館した人を対象にプレゼントが当たる抽選会を開く。各種イベントの問い合わせは水族館=電話0599(25)2555=へ。