「伊賀くみひも」バンド付き 「2019年版三重県民手帳」来月から販売

【10月11日に発売される2019年版三重県民手帳】

県内の印刷会社でつくる県印刷工業組合は10月11日、県内のイベントや公共施設の情報を掲載した「二〇一九年版三重県民手帳」を発売する。伊賀・名張地域の伝統工芸品「伊賀くみひも」の装飾をバンドに採用。三色展開し、各1200円で販売する。

十年ぶりに復活した二〇一五年版から数えて五年目。布カバー一種類とポケット付きカバー二種類の計三種類を製作した。バンドの伊賀くみひもは、手で引っ張って締めるタイプとゴム止めを用意。幸福を願う「吉祥むすび」で仕上げた装飾をあしらった。

手帳では、三年後に県内で開催される「三重とこわか国体・三重とこわか大会」や大会期間中に各市町で実施される競技を紹介。皇太子さまの即位に合わせて来年5月1日に改元が予定されているため、カレンダーには元号を表記せず、西暦のみ記載した。

組合に加盟する印刷会社や文具店、ホームセンターのほか、県の首都圏営業拠点「三重テラス」(東京)などで購入できる。問い合わせは、県印刷工業組合=電話059(228)6252=へ。