聴覚障害者の支援強化 伊勢市がアプリ「UDトーク」導入 三重県内初

【聴覚障害者や音が聞こえにくい人とのコミュニケーション支援アプリ「UDトーク」=伊勢市役所で】

【伊勢】三重県伊勢市は10日、聴覚障害者や音が聞こえにくい人とのコミュニケーション支援アプリ「UDトーク」を導入したタブレット端末を市役所と市内3つの総合支所に設置した。話した言葉をタブレット上に文字化できるアプリで、筆談に比べ、会話のやりとりがスムーズになるという。導入は県内初。

市によると、UDトークはIT企業シャムロック・レコード(東京)が開発した。同社と契約すると使える有料アプリ。アプリが声を拾い、iPadの画面上に話した言葉を文字化する。英語や中国語、韓国語など外国語の翻訳もできる。

市役所を訪れる聴覚障害者の約半分は手話ができないという。市はこれまで手話ができない聴覚障害者とは主に筆談で対応していた。だが、筆談は会話を進めるのに時間がかかるなどの課題があったため、アプリを導入した。

担当者は「今までは不便をかけていた面もあったと思う。耳の不自由な方に気軽に足を運んでもらえるような環境整備に今後も取り組んでいきたい」と話している。