三重県 獣医師2人を派遣 豚コレラ発生の岐阜市に

岐阜県で豚コレラが発生したことを受け、三重県は11日、獣医師2人を岐阜市の養豚場に派遣したと発表した。2人は10日夜に採血検査を終え、11日に県内に戻った。

県は国からの派遣依頼を受け、10日に獣医師2人を派遣。2人は豚コレラの発生した養豚場と接触した可能性のある養豚場に赴き、同日午後5時―同10時40分まで豚を採決検査した。

県畜産課は「豚コレラはイノシシによって発生した可能性が高いとみられているが、原因は不明」と説明。「県内の防疫体制を整え、関係機関に周知していく」としている。