三重学生リーグ 皇學館、四日市が先勝

【四日市大―鈴鹿大 七回裏1死から継投し後続を断った四日市大主戦馬明=ダイムスタジアム伊勢で】

(第2週・ダイムスタジアム伊勢)
三重学生野球リーグの秋季リーグ戦(伊勢新聞社後援)は9日、皇學館大―三重大、鈴鹿大―四日市大の各1回戦があり、皇學館大、四日市大が先勝した。

皇學館大は四回の8番八重田翔大(3年・海星)のソロ本塁打などで試合を優位に進めて6―3で勝った。四日市大は延長十回タイブレークの末、5―1で勝利。1―1で突入した延長十回表に4点を奪い、七回途中から継投した馬明慶太(4年・如水館)が鈴鹿打線の攻撃を3人で終わらせた。