信頼裏切りおわび 三重県知事 県教委の障害者雇用で

三重県教委が障害者雇用率の算定を誤ったことを受け、鈴木英敬知事は10日、以下のコメントを発表した。

県民の信頼を大きく裏切り、深くおわび申し上げる。組織の長として責任を痛感している。一度は「適正」と報告したが、その後に誤りが発覚したことは障害のある方々への背信行為と言っても過言ではない。極めて同質性の高い組織で、組織の常識と社会の常識が、いつの間にかかけ離れてしまったのでは、組織に緩みがあったのではと感じざるを得ない。皆さまに謝罪を重ねつつ、覚悟を持って事態の改善に取り組む。