三重学生リーグ 秋季リーグきょう開幕

明治神宮野球大会につながる2018年東海地区大学野球秋季県リーグ戦(東海地区大学野球連盟主催、伊勢新聞社など後援)は9月1日、津市本町の津球場公園内野球場で開幕する。

今年春の県リーグで2季連続7度目の優勝を果たした四日市大を筆頭に、三重大、皇學館大、鈴鹿大、近大高専の県内5つの大学・高専が5週に渡って対戦する。

上位2校が、10月19日に岐阜メモリアルセンター長良川球場で開幕する東海地区大学秋季選手権に進む。東海大会の上位2校が、明治神宮大会の出場枠を懸けて静岡・浜松球場で10月27日から行われる東海・北陸・愛知三連盟王座決定戦に進出する。