偽物高級ウイスキー販売 古物店長ら男2人逮捕 商標法違反と詐欺の疑い 三重

【中身を入れ替えて販売されていた偽のウイスキー=津市の三重県警本部で】

フリーマーケットアプリを通じて中身を入れ替えた偽の高級ウイスキーを販売したとして、三重県警生活環境課と四日市南署は21日、商標法違反と詐欺の疑いで、東京都中野区丸山二丁目、古物店長根本武明容疑者(29)と、同渋谷区本町一丁目、古物店員笹川裕容疑者(26)を逮捕した。

逮捕容疑は平成29年6月―7月ごろまでの間、フリーマーケットアプリ「メルカリ」などを使って中身を入れ替えた「サントリーウイスキー響30年」5本を出品し、宮城県仙台市の会社員男性(29)に販売。サントリーホールディングス(HD)社の商標権を侵害し、販売代金合計99万円をだまし取った疑い。

根本容疑者は「販売したが偽物とは知らず、だまそうとも思わなかった」と容疑を否認。笹川容疑者は「偽物と知ったうえで販売したのは間違いないがだますつもりはなかった」と容疑を一部否認している。

同課などによると、男性は1本19―20万円で4回に分けて商品を購入していた。同じ時期に同じ商品を複数本購入した四日市市の男性が偽物と気付き、昨年7月に同署に相談して発覚。取引履歴などから2人を特定した。商品を鑑定した結果、箱とビンは本物だが中身は別の酒だった。余罪も複数あるとみて詳しい入手経路などを調べる。

サントリーHD社広報部によると、同ウイスキーは希望小売価格12万5千円だが、希少性の高さからネット上などで高額販売されている。同担当者は「お客様にご心配をおかけする事態が起きた事に困惑している。さらなる模倣品対策を進めていく」と話した。