三重県警音楽隊に体験入隊 三重大応援団ブラバン部、来月に合同演奏

【合同練習に参加する県警音楽隊と三重大応援団ブラスバンド部員ら=津市の県警本部で】

【津】三重県警音楽隊は11日、津市栄町1丁目の同本部で体験入隊を開き、三重大学応援団ブラスバンド部員ら21人が合同練習に参加した。

同大応援団を総監督として指導している佐々木利勝さん(75)が県警OBで県警音楽隊の第二代目楽長を務めていた経緯から、合同での演奏会を企画。来月1日午後2時から同大講堂三翠ホールで開催する同応援団主催の定期演奏会での合同演奏披露に向けて、初めて合同での練習を開催した。

学生らは県警音楽隊25人から指導を受けながら楽器別の練習や合奏に参加。また特殊詐欺被害防止の寸劇にも参加するなどして交流を深めた。

県警音楽隊の中川達也楽長(39)は「卒業生が音楽隊にいることもあり、県警音楽隊を知ってもらういい機会。発表の場もありお互いにいい刺激を受けている」と話した。

三重大応援団ブラスバンド部部長で4年生の立松大輝さん(21)は、「最初は緊張もあったが気さくに話しかけてくれた。プロの方々と一緒にできていい練習になる」と話していた。