山の日に自然満喫 亀山市がイベント、親子ら200人が木工体験 三重

【「ぶんぶんごま」作りを楽しむ参加者ら=亀山市関町梶ケ坂の市森林公園「やまびこ」で】

【亀山】三重県亀山市は国民の祝日「山の日」の11日、同市加太梶ケ坂の亀山森林公園「やまびこ」で、サマーフォレストinやまびこを開催した。親子連れら約200人が木に触れ合いながら自然を満喫した。加太地区まちづくり協議会が協力した。

参加者らは、ヤブツバキの木片を使った「ぶんぶんごま」や「ペンダント」作り、直径10―15センチのヒノキの丸太切りなど5コーナーの木工体験を楽しんだ。AGF鈴鹿提供のコーヒーの試飲もあった。

同市みずきが丘の小学1年生、市川莉愛菜ちゃん(7つ)は「いろんな体験ができて楽しかった」と笑顔で話した。市森林林業グループの村田博副参事は「多くの人に参加していただき、山の日の意味を考えるよい機会になった」と見守っていた。