伊勢 おかげ横丁で匠展 機織りなどの体験教室も 三重

【松阪木綿の機織りを体験する参加者=伊勢市宇治中之切町のおかげ横丁で】

【伊勢】三重伊勢市を中心とした県内の伝統工芸品とその職人技を紹介する「伊勢の匠展」が、同市の伊勢神宮内宮前のおかげ横丁で開かれている。工芸品の展示のほか、体験教室もある。8月5日まで。

大黒ホールでは、伊勢一刀彫や伊勢春慶、伊賀くみひもなど26種、約3千点を展示販売。工芸の歴史や制作工程を解説するパネル展示、職人らによる実演もあり、伝統の技を知ることができる。

横丁内では、伊勢和紙の紙すきや干支の一刀彫など、匠に教わる工作教室(有料)を日替わりで実施。松阪木綿教室では、夏休みの親子連れらが、昔ながらの機織り機を使った機織りに挑戦し、伝統技術の体験を楽しんでいた。

問い合わせはおかげ横丁=電話0596(23)8838=へ。