石破氏出馬を期待 自民総裁選で田村衆議員 三重

【記者会見で、石破氏の総裁選出馬を希望する田村氏=三重県庁で】

自民党の田村憲久衆院議員(三重1区)は23日の記者会見で、所属する派閥の代表を務める石破茂元幹事長の次期総裁選出馬について「我々としては立候補してほしいという思いはある」と述べた。

田村氏は「決して安倍首相が駄目だというつもりはないが、安倍さんだけというのも政権与党として無責任」と指摘。「もし安倍さんが支持を受けなくなれば、次がいるという形を作る必要がある」と述べた。

出馬表明の時期は「安倍さんや他の候補も含めて、西日本豪雨の対応に、めどが立つまでは難しいだろう。とはいえ総裁選は迫っている。一定の期間が来れば各候補者が表明するだろう」との認識を示した。

石破氏はポスト安倍候補の一人。平成24年9月の総裁選では党員票(地方票)が安倍首相を上回ったが、国会議員らへの支持が広がらず決選投票で敗北した。田村氏は石破派(水月会)に所属している。