明和町長選 中谷氏が出馬表明 元防災企画課長 三重

【明和町長選への立候補を表明する中谷氏=松阪市役所で】

【多気郡】元三重県明和町防災企画課長の中谷英樹氏(59)=同町佐田=は10日、松阪市役所で記者会見し、任期満了(12月11日)に伴う同町長選に立候補すると表明した。町長選は11月13日告示、同18日投開票。

町長選には元同町教育委員会事務局こども課長の世古口哲哉氏(51)=同町大淀甲=が出馬表明している。3期目の中井幸充町長(70)は健康上の理由から今期で引退する。

中谷氏は「現町政を継続し、南海トラフ地震への防災対策や子育て支援に取り組み、もっともっと元気で活力のある町にしたい」と述べ、「41年間勤めた経験を生かし、町民の皆さんへ恩返ししたい」と抱負を語った。

公約には「災害時の人的被害ゼロ」「子育ての先進都市一番」「高齢者の社会参画、障害者の自立・共生の二本柱」などを掲げている。

中谷氏は県立相可高校を卒業後、同町役場に入り、長寿健康課長や産業課長などを経て防災企画課長を最後に先月30日に退職した。