三重県 皇太子さま来県へ 高校総体出席、31日から

宮内庁と三重県は10日、全国高校総体(インターハイ)に出席するため、皇太子さまが31日―8月2日まで来県されると発表した。式年遷宮後に伊勢神宮を参拝して以来、4年ぶり。18回目となる。雅子さまの来県は予定されていない。

県によると、皇太子さまは31日午後、近鉄宇治山田駅に到着し、伊勢神宮の外宮と内宮を参拝する予定。8月1日午前は伊勢市の県営サンアリーナで開かれるインターハイの総合開会式に出席した後、インターハイの準備などに携わった高校生らと交流する。

2日は、29年6月にオープンした県立子ども心身発達医療センター(津市)と、県立かがやき特別支援学校(同市)を視察した後、鈴鹿市の「三重交通Gスポーツの杜鈴鹿」で、インターハイのソフトテニス競技を観戦する。

鈴木英敬知事は報道陣の取材に「平成という時代から次の時代への橋渡しとなる節目の年に当たり、皇太子殿下に御臨場いただけることは、県にとって光栄の限りで喜びに堪えない」と述べた。

その上で「インターハイを支えている高校生をはじめ、県民と触れ合われ、三重の持つ日本の原風景とも言える豊かで美しい自然や歴史、文化、食を満喫していただければと思う」と語った。

<お迎え、誠に光栄 4市長が謹話>
皇太子さまが来県されるのを受け、4市長が謹話を発表した。

■高校生の励みに 末松則子鈴鹿市長
皇太子殿下には平成11年8月の「第11回全国農業青年交換大会」に臨場いただいて以来、2度目のご来市となります。市民とともにお迎えできることは誠に光栄です。選手や大会運営を支える高校生にとっても大きな励みになります。

■お心に残る訪問に 前葉泰幸津市長
皇太子さまに津市を来訪いただきますことは誠に光栄です。皇太子さまにおかれましては、お心に残る素晴らしい訪問となりますよう、市民とともに心から歓迎し、お待ち申し上げます。

■豊かな自然満喫を 鈴木健一伊勢市長
皇太子殿下のご来勢は平成26年7月以来であり、お迎えできますことは誠に光栄で喜びに堪えません。滞在される間、本市の豊かな自然を満喫いただきたいと思います。市民とともに心からお待ち申し上げております。

■交流、視察喜ばしい 中村欣一郎鳥羽市長
皇太子殿下のご来鳥は平成20年11月以来となり、心からお迎えしたいと思います。皇太子殿下との交流や日頃の取り組みを視察いただけることは、生徒のみならず関係者、市民にとりまして誠に喜ばしく、光栄の限りです。