尾鷲 熊野川河口で作業船が漂流 大雨で紐切れか 三重

【熊野川河口で発見された作業船「七海」(尾鷲海上保安部提供)】

【尾鷲】尾鷲海上保安部は21日、三重県紀宝町の鵜殿港から東へ約4千メートルの熊野川河口で、作業船「七海」(4・8トン、全長9・5メートル)が漂流していたと発表した。

同日午前4時半ごろ、近くを航行中の漁船が発見し、一一八番した。人は乗っていなかった。

海保によると、建築会社「第三港湾建設」(和歌山県)が所有。工事で熊野川に止めていたという。同社がえい航船を手配し、新宮市の三輪崎漁港に着岸した。海保は20日の大雨で船をつなぐロープが切れたとみている。