背後から抱きつかれけが 鈴鹿の路上で女性、男逃走 三重

【鈴鹿】22日午後11時40分ごろ、三重県鈴鹿市三日市二丁目の路上で、歩いて帰宅途中の同市在住の20代女性が突然背後から男に抱きつかれて転倒。女性が抵抗すると、男は走って逃走。女性は付近の店舗を通じて一一〇番した。女性は転倒した際、両足の甲をすりむくけがを負った。鈴鹿署は強制わいせつ致傷事件として逃げた男の行方を追っている。

同署によると、男は身長170センチくらいで年齢は20代くらい。赤と黒のチェック柄の長袖シャツに、下はハーフパンツを着用していたという。