三重県 文化賞、14個人・団体を選出 大賞に合唱団「うたおに」

【文化大賞の「うたおに」(三重県提供)】

三重県は26日、平成29年度文化賞の県内14個人・団体を発表した。最高位の文化大賞には津市の合唱団「うたおに」を選んだ。

優れた活動や功績を広めようと表彰し、17回目。有識者らでつくる選考委員会(10人)が審査した。功労賞と奨励賞、新人賞も設けている。

うたおには昭和49年に創設し、学校や福祉施設で合唱を披露し、地元商店街の活性化を狙ったコンサートも開催。全日本合唱コンクールで3度の金賞に輝き、文部大臣奨励賞を受賞した。

27日午前10時から、津市一身田上津部田の県総合文化センターで表彰式を開く。鈴木英敬知事が受賞者らに表彰状を手渡す。受賞者の演奏や作品展示を予定している。

他の受賞者は次の皆さん(敬称略)。

【文化功労賞】井上博暁(85)=伊勢市▽菊川淑子(85)=同市▽桐生智晃(48)=津市
【文化奨励賞】牛場和美(71)=津市▽紺谷猛(84)=桑名市▽近藤たみ(75)=四日市市▽藤原伸久(58)=伊勢市▽森玲子(55)=四日市市
【文化新人賞】赤野四羽(40)=鈴鹿市▽岡島千秋(66)=伊賀市▽久保恵子(62)=伊勢市▽小林美咲(25)=津市▽白木千華(43)=四日市市