春季学生野球リーグ 三重大、皇學館大が先勝

(第3週・安濃球場)
三重学生野球リーグの春季リーグ戦(伊勢新聞社後援)は14日、三重大―近大高専、鈴鹿大―皇學館大の各1回戦があり、三重大、皇學館大が先勝した。三重大は近大高専を10―0の五回コールドで下し、先発の中井拓磨(4年・津)が近大高専打戦を2安打無得点に抑えた。息詰まる投手戦になった鈴鹿大―皇學館大は八回、代打中西天帆(3年・宇治山田商)の先制適時打で均衡を破った皇學館大が4―0で制した。