球春、きょう開幕 春の高校野球三重県大会

第65回春季東海地区高校野球三重県大会(県高校野球連盟主催、伊勢新聞社後援)は14日から5日間、四日市市営霞ケ浦、津市営、県営松阪、ダイムスタジアム伊勢(伊勢市営倉田山公園)の県内4球場で行われる。

桑員、四日市、鈴亀、中勢、松阪・牟婁、南勢、伊賀の各地区予選を勝ち抜いた24チームと、この春の選抜高校野球大会ベスト4の三重の計25チームがトーナメント形式で争う。三重の初戦は14日で、県営松阪球場の第1試合で松阪工と対戦する。

春季東海地区高校野球大会出場と、夏の甲子園が懸かる全国高校選手権三重大会のシード入りも目指して戦う。入場料は一般(大学生含む)600円、高校生200円、中学生以下は無料。