学生野球リーグ 四日市大、勝ち点2に 三重大は今季初勝ち点

【四日市大―皇學館大 三回表2死二、三塁から4番陸の適時打で三走伊藤諒に続き二走永福が生還。四日市大3点目=津球場で】

(第2週・津球場)三重学生野球リーグの春季リーグ戦(伊勢新聞社後援)は8日、鈴鹿大―三重大、皇學館大―四日市大の各2回戦があり、三重大、四日市大が連勝。三重大は今季初の勝ち点1を挙げ、四日市大は勝ち点を2に伸ばした。三重大は8回8番中島友多(3年・瑞陵)の3点本塁打を含む6長短打で6点を挙げて鈴鹿大に7―4で勝利。四日市大は4―0で皇學館大を退け、澤田力也(3年・筑紫台)、岡本龍馬(2年・如水館)の継投で皇學館大打線を3安打零封した。