「失敗を恐れず挑戦を」 津で百五銀行グループ入行式 三重

【伊藤頭取(右)に宣誓する新入行員=津市丸之内の百五銀行丸之内本部棟で】

百五銀行グループの入行・入社式が2日、三重県津市丸之内の同行丸之内本部棟であった。昨年より18人多い124人を採用。式には新入行員、百五銀行の伊藤歳恭頭取ほか、各グループ会社の役員が出席した。

伊藤頭取は今年11月に創立140周年を迎えることについて「さまざなな時代の変化に柔軟に対応することで、地域のトップバンクとして歩んできた」と話し、「行動しなければ新しい発想は生まれない。失敗を恐れず、さまざまなことに挑戦してほしい」と祝辞を述べた。

新入行員を代表して北岡賢哉さん(22)が「常に初心を忘れず、仲間と共に切磋琢磨し合い、顧客の幸せの実現と百五銀行のさらなる発展のため、全力を尽くす」と誓った。