御浜町 コチョウラン出荷始まる 三重

【出荷を待つコチョウラン=御浜町中立葉広山で】

【南牟婁郡】贈答用として人気の高いコチョウランの出荷が11日、三重県御浜町中立葉広山の「花泉園」で始まり、従業員が箱詰め作業に追われている。標高160メートルの澄んだ空気の中で栽培し、名古屋地方を中心に出荷している。7月下旬ごろまで作業が続く。

平成5年に園主の松口昇平さん(68)が栽培を始めた。室温が18―28度に保たれた1650平方メートルのガラス温室で、白を中心に黄、ピンク色など1万5千株を育てている。

松口さんは「昨年より咲き始めたのが遅かったが、きれいに咲いてくれた。見学もできるのでお越しください」と話している。

金曜休園。問い合わせは花泉園=電話05979(4)1860=へ。