三重県南部中心に大雨警報 伊勢市で避難勧告 県道3カ所通行止めに

8日午後3時35分、三重県南部を中心に大雨警報が発令され、伊勢市では避難勧告により6世帯、12人が避難したほか、県道3カ所が通行止めになるなどの被害が相次いだ。

県災害対策本部によると、午後7時現在で全面通行止めの県道は、飯南三瀬谷停車場線(松阪市飯南町向粥見―多気郡大台町佐原)▽大杉谷海山線(多気郡大台町大杉―北牟婁郡紀北町深山区河内)▽大台ケ原線(多気郡大台町大杉の旧大杉バス停―第三発電所)。

公共交通機関は津エアポートライン、伊勢湾フェリーが運休、鳥羽市定期船が一部運休した。

1時間あたりの雨量は多い順で鳥羽17・0ミリ▽四日市16・5ミリ▽藤坂峠16・5ミリ▽阿児15・5ミリ、24時間雨量は多い順で紀伊長島180・5ミリ▽尾鷲158・5ミリ▽藤坂峠138・0ミリを観測した。