高3荒川、横山らを選出 8日から重量挙げ全日本ジュニア選手権

【四日市工高から重量挙げの全日本ジュニア選手権に出場する(左から)横山太偉雅、荒川大輝=四日市市内の同校で】

重量挙げの全日本ジュニア選手権大会(日本ウエイトリフティング協会主催)は8日から10日まで埼玉県上尾市のスポーツ総合センターである。

世界ジュニアの日本代表選考会を兼ねて開かれる。1998年から2005年の間に生まれ、2016、17年度の競技会で参加標準記録を突破した選手に出場資格が与えられる。

三重県所属の出場選手は次の皆さん。大学生が中心だが、高3の荒川大輝(四日市工)、横山太偉雅、高2の増田竜星(亀山)も選ばれた。

【男子】77キロ級 栁川友章(名古屋産業大)▽85キロ級 増田竜星(亀山高)▽94キロ級 荒川大輝(四日市工高)▽105キロ超級 川村正輝(日大)横山太偉雅(四日市工高)

【女子】53キロ級 吉田彩奈(立命館大)▽69キロ級 石井未来(東京国際大)