第三銀・消費者アンケ 収入増えず節約傾向続く 先行き「減少する」25% 三重

【松阪】第三銀行(三重県松阪市京町)は14日、消費者アンケート調査の結果を発表した。収入は増えず、節約傾向が続く見通し。

県内本支店64店舗の来店者千人を対象に実施し、99・2%の992人が回答した。

収入が「増加した」は1年前の前回調査に比べ2・9ポイント増の20・8%にとどまった。先行きは「増加する」15・0%に対し、「減少する」が25・7%となった。

1年前に比べ「節約傾向を強めている」の回答が7割を超え、前回と同水準。日用品と耐久消費財の支出は大きく減少する見通し。ただ、趣味・旅行・レジャーはそれほど落ち込まない見込み。

住宅は持ち家が70・0%で、全国平均の61・6%を上回っている。賃貸住宅は14・6%。