山間部中心に降雪おそれ 津気象台、警戒呼び掛け 北中部2㌢、南部1㌢予想 三重

冬型の気圧配置に伴い、東海地方では広い範囲で雪が降る見込み。三重県内でも山間部を中心に12日夜から13日夕にかけて降雪のおそれがあり、津地方気象台は警戒を呼びかけている。

同気象台によると、14日午前0時までの24時間の予想降雪量はいずれも多いところで北中部2センチ、南部1センチ。最低気温は氷点下1度、最高気温七度でほぼ平年並みの予想。

冬型の気圧配置は14日以降、一時的に弱まるが、17日以降再び勢力を強めるとみている。