日本人の精神、再認識を 日本会議三重 「建国記念の日」祝い式典

【四日市】日本会議三重四日市支部(古海玲子支部長)は11日、建国記念の日の奉祝式典を三重県四日市市諏訪町の四日市商工会議所で
開いた。

日本会議の会員や一般市民など約百人が参加。神事に続き、古海支部長は「平成30年は明治改元から150年の節目の年。明治の時代に日本人が成し遂げた大事業と日本人の精神をもう一度再認識する機会になれば」とあいさつした。

各地で古事記の現代語訳を語る活動をしているいなべ市出身で明和町観光大使の康光岐さんが一人語りのステージを披露した。

同式典は平成26年から毎年開き、今回が5回目となる。