伊勢 高柳商店街で火災 6棟全焼、男性軽傷 三重

【全焼し、煙を上げる店舗=伊勢市曽祢1丁目で】

【伊勢】26日午前10時55分ごろ、三重県伊勢市曽祢一丁目、高柳商店街から出火。店舗や住宅など6棟が全焼し、約4時間20分後に消えた。煙を吸った30代の男性が市内の病院に搬送され、軽傷を負った。

同署などによると、商店街にあるアーケードの一部も熱で溶け落ちた。全焼した店舗を営む男性(88)は「目の前に火柱が立ち、びっくりして逃げた」と話していた。

火災を受け、市は付近の75世帯162人の住民に避難指示を出した。同市八日市場町の健康福祉センターに避難所を開設。2世帯2人が一時的に身を寄せた。

現場はJR伊勢市駅から西に約900メートル。近くに伊勢神宮外宮がある。中部電力によると、火事の影響で一時約50世帯が停電した。同署が出火原因や火元を調べている。