紀北町 サッカーJリーグ 谷口選手、J3盛岡入団 「開幕スタメンを」 三重

【グルージャ盛岡に入団が決まり、尾上町長(右)を表敬訪問した谷口選手(中央)と上村さん=紀北町役場で】

【北牟婁郡】サッカーのJ3グルージャ盛岡に入団が決まった三重県紀北町相賀出身で岐阜経済大4年の谷口海斗選手(22)が11日、町役場を訪れ、尾上壽一町長らに入団の報告をした。谷口選手は「開幕からスタメンで活躍できるように頑張りたい。子どもたちに夢を与えられる選手になりたい」と目標を語った。

谷口選手は、今季に伊勢志摩FCに移籍する兄の力斗さん(24)の影響で、5歳の時、少年サッカークラブチームの海山FCに入りサッカーを始めた。強豪校の四日市中央工業高時代、チームは3年間全国大会に出場したが、レギュラーとしては活躍できなかった。

大学進学後は1年春から出場機会が与えられ主力選手として活躍。「自由に伸び伸びとプレーできたことが良い結果につながった」と語る。主将も務め、今季は東海リーグ一部の得点王に輝いた。

この日は、谷口選手を海山FC時代から指導した紀州エスフォルソFC代表の上村務さん(59)も同席。上村さんは「幼いころは体も小さかったがよく練習していた。ポテンシャルも高い」と努力をたたえる。

尾上町長は「いろいろな壁も出てくると思うが、強い気持ちで乗り越えてもらいたい。頑張って」と激励した。

同町からJリーガーが誕生するのは、ジュビロ磐田に在籍し、現在はFC今治に所属する上村岬選手に続いて2人目。