三重県議会 22日、鳥羽で意見交換 「みえ現場de県議会」

三重県議会は22日、県民から県政への意見を募る「みえ現場de県議会」を、鳥羽市鳥羽一丁目の鳥羽マリンターミナルで開く。

「鳥羽・志摩の海女漁業と真珠養殖業」が日本農業遺産に登録されたのを受け、テーマに「観光・交流の推進」を選んだ。

当日は、13人の県議らと鳥羽市観光キャンペーンガールで海女の中川早苗さんら7人が、観光振興などを巡って意見交換する。

午後1時半―同3時半まで。一般の傍聴も可能。問い合わせは県議会事務局企画法務課=電話059(224)2877=へ。