三重県 公立486校で始業式 冬休みの思い出語り合う

【校歌を斉唱する児童ら=津市丸之内養正町の市立養正小で】

三重県内では9日、ほとんどの公立学校で3学期の始業式が行われた。約2週間ぶりに登校した児童らは同級生や教員と新年のあいさつを交わし、冬休み中の思い出を語り合った。

津市丸之内養正町の市立養正小学校で開かれた始業式では、全校児童約265人が校歌を斉唱。荻原くるみ校長と「新年あけましておめでとうございます」とあいさつした。

荻原校長は「3学期はきょうを含めて53日。6年生は4日早く卒業するので、この学校に来るのはあと49日です。短い3学期を有意義に過ごしてください」と述べた。

県教委によると、この日は公立小学校287校、公立中学校129校、義務教育学校1校、県立高校52校、県立特別支援学校17校で始業式があった。