春高バレー 三重県勢 松阪工、8強逃す春高バレー 三重県勢 松阪工、8強逃す

バレーボールの全日本高校選手権(春高バレー)第3日は6日、東京体育館で3回戦と準々決勝があった。県勢は男子・松阪工が3回戦で市立尼崎(兵庫)と対戦したが、セットカウント0―2で敗れてベスト8に進むことができなかった。

松阪工は第1セットを16―25で落とした。第2セットは試合を優位に進めたが勝負どころのミスなどが響いて24―26で競り負けた。

■松阪工・橋本雅司監督の話■
今日は大事なところでトスやサーブなどのミスが出てしまい相手に流れを渡してしまった。3年生はここまで良くやった。1、2年生についてはまだ非力。レシーブを鍛えるとともにパワー、精神力も磨いて再び全国を目指したい。