津・結城神社 すす払いで新年の準備 三重

【拝殿のすすを払う神職=津市藤方の結城神社で】

【津】三重県津市藤方の結城神社で27日、すす払いの行事があった。宮司代務者の宮﨑吉史さん(43)らが、拝殿の汚れを落とし新年を迎える準備をした。

行事に先立ち、すす払いに使う長さ約3メートルの竹をおはらいし、奉仕する宮﨑さんら4人の神職が拝礼した。その後竹を手に拝殿正面に出て、雪花が舞う寒さの中屋根や軒下のほこりを丁寧に払った。

宮﨑さんは「来年は平成30年の節目の年なので、皆さまにとって良い年であることを祈ります」と話していた。

同神社では31日午後6時から大祓式、同7時から除夜祭を執り行い、同11時にかがり火に点火し年越し参りの参拝客を出迎える。