大粒イチゴふんだんに 津の農園 クリスマスケーキ予約販売 三重

【「いちごたっぷりクリスマスケーキ」を紹介する増井さん=津市高野尾町の「こうちく男爵」で】

【津】三重県津市高野尾町のイチゴ農園「こうちく男爵」(水谷隆社長)が、同園で栽培するイチゴをふんだんに使った「いちごたっぷりクリスマスケーキ」を作った。23、24日の2日間、各日30個限定で、直径15センチサイズ一ホール税込み3900円で販売する。予約の受け付けは20日までだが予定数に達し次第締め切る。

同園は約1万3千平方メートルの敷地全てで県開発品種の「かおり野」を栽培。直売と県内への出荷の他、1―5月にはイチゴ狩りができる。加工品も製造販売しているがクリスマスケーキは今年が初めて。大粒の「かおり野」を約30個、500グラム以上使用している。

製造は今年入社した元洋菓子職人の山川正雄さん(72)が手掛ける。試作ではイチゴの重さで形が崩れるほどだったため、スポンジケーキの厚さを変えるなど試行錯誤を重ねた。イチゴの甘さを引き立てるさっぱりとした生クリームで自信作が出来上がった。

販売部長の増井摂さん(31)は「イチゴ農園にしか出せないケーキをぜひ味わって」と呼び掛けている。申し込み・問い合わせは同園=電話059(230)2833=へ。