正月の縁起物「破魔矢」作り 伊勢・猿田彦神社で 三重

【破魔矢に絵馬を取り付けるみこたち=伊勢市宇治浦田の猿田彦神社で】

【伊勢】三重県伊勢市宇治浦田の猿田彦神社で、正月の縁起物の「破魔矢」作りが進められている。みこたちが、木製の矢に手際よく絵馬を取り付ける作業に励んでいる。

矢は大(約90センチ)、小(約60センチ)の2種類で、計約5千本を用意。絵馬は、来年の干支(えと)の戌(いぬ)をモチーフにした「宝船」と「戌の親子」の2つのデザインがある。

破魔矢はおはらいを受けた後、今月中旬から、大は1500円、小は800円で参拝客に授与される。