鈴鹿法人会女性部会 特養に車いすと寄せ植え贈呈 三重

【廣瀬施設長(左から3人目)に車いす1台と寄せ植えなど寄贈する吉澤会長(右から3人目)ら=鈴鹿市稲生西3丁目の特養「鈴鹿香寿苑」で】

【鈴鹿】三重県の鈴鹿、亀山市の女性経営者らでつくる鈴鹿法人会女性部会(吉澤時子会長)は6日、両市内の特別養護老人ホーム12施設に、手作りの正月用寄せ植え1鉢と車いす1台、壁掛けなどを贈呈した。

地域社会貢献活動の一環として13年前から実施している。

鈴鹿市稲生西三丁目の鈴鹿香寿苑では廣瀬雅也施設長(44)にパンジーやアリッサムなど8種類の花を寄せ植えた鉢と車いす1台、壁掛けと色紙を贈呈した。

吉澤会長は「花を見ながら年末年始を明るく過ごしてください」とあいさつ。廣瀬施設長は「皆さんの善意に感謝。車いすは大切に使わさせていただく」と礼を述べた。